【デュエマ】”緑ジョラゴンジョーカーズ”デッキに入りそうなGRクリーチャーの考察

2018年の日本一決定戦で優勝を飾った”緑ジョラゴンジョーカーズ”デッキ

GRクリーチャーの登場により形を変えつつ活躍し続けているが、CSの入賞リストを見ていてふと気になったことがある

『メインデッキは大まか同じようなカードが多いけど、GRゾーンのカードがリストによって全然違う…』

という訳で今回は”緑ジョラゴンジョーカーズ”デッキ”のGRクリーチャーを考察していきたいと思います!

お目当てのシングルカードはこちらから!

GRクリーチャーを召喚するために使用されているカード

《ガチャダマン》

GR召喚後自身のクリーチャー全てにマッハファイターを付与するカード

《タイク・タイソンズ》のJチェンジから場に出せるのが優秀で、3-4ターン目の動きを厚くすることができる


《マン・オブ・すて~る》

《ナチュラル・トラップ》+GR召喚内臓のSTクリーチャー

このカードの登場によりデッキに加えられる緑の枚数を調整しやすくなったのがとても大きく、手軽にSTを増やすこともできるようになった

入賞しているリストを見る限り、主にこちらの2種類からGR召喚を行っている

ジョーカーズのGRクリーチャー

《ヤッタレロボ》

《ヤッタレマン》のGRクリーチャー版だと思えばいい

早いターンに場に出ると《ジョット・ガン・ジョラゴン》の召喚が大分楽になるので、ほぼほぼ必須です

《K2マッチョ》

ジョーカーズは比較的毎ターンクリーチャーを場に出していくデッキなので、パワー4000として機能させやすい

《マシンガントーク》

アンタップが機能する場面は限られるが、ブロッカーをアンタップさせられれば打点が届かずターンが帰ってくることもあり得ます

《バツトラの父》

GRゾーンのカードで手軽に相手クリーチャーの攻撃を止められるカードはブロッカーの《防護の意志 ランジェス》くらいなので、《ジョット・ガン・ジョラゴン》にまで繋げられればいいこのデッキでは必須レベルのカード

《ポクタマたま》

相手の墓地にあるカードを山札に戻す効果なので”墓地”デッキに刺さります

《ダスティン・ジョーバー》

《音奏 プーンギ》にも負けないパワー5000というサイズは序盤だと活かしやすいが、アンタップで場に出るデメリットがそこそこ大きいので注意

《Mt.富士山ックス》

2体揃うとTブレイカーとして化けるので、GR召喚を厚く取っている構築なら採用の余地有

《The ジョラゴンGS》

自身も含めた3体になるので、比較的条件を満たすのは楽かと

《鋼特Q ダンガスティックB》

序盤からとなると条件に達することは難しいが、中盤以降ならマナも溜まっているはずなのでWブレイカーとしての活躍が期待できる

《The ジョラゴン・ガンマスター》

5マナ貯まってからは《ジョット・ガン・ジョラゴン》に劣らぬ制圧力で場を荒らせるので、必須レベルで良いかと

ジョーカーズではないが採用の余地がありそうなGRクリーチャー

《防護の意志 ランジェス》

アタックできないデメリットを持ち合わせているが、攻撃を止められるGRクリーチャーは貴重なので十分機能します

《パス・オクタン》

《ジョット・ガン・ジョラゴン》からループに入れずターンを返したときに役立ちそうな1枚

《アイアン・マンハッタン》効果で場に出せるクリーチャーを縛っていれば《ジョット・ガン・ジョラゴン》を処理することで精一杯な場合が多く、もしそこでこの《パス・オクタン》が機能すればグッと有利になります

最終的にどのようなGRゾーンの構築が正解なのか?

《ヤッタレロボ》x2

《バツトラの父》x2

《鋼特Q ダンガスティックB》x2

《The ジョラゴン・ガンマスター》x2

他のGRクリーチャーに比べ強いので、上の4種はほぼほぼ確定です

残り4枚分の枠はどのデッキタイプに勝つために寄せるかで変わってきますが、《ジョット・ガン・ジョラゴン》を場に出すまでの安定を取るならジョーカーズで染めるもよし、攻撃を防ぐGRクリーチャーを多めに取りたいなら《防護の意志 ランジェス》を採用したりと、環境の動きを見つつ自分なりの答えを探してみましょう、では!